Language English |
RegionGlobal | APAC

Emerge Global Reach

Asia

pin China English
|
Chinese
pin India English
pin Indonesia English
|
Indonesian
pin Japan English
|
Japanese
Russia English
|
Russian
pin Singapore English
|
Chinese S

Europe

pin Czech Republic English
|
Czech
France English
|
French
Germany English
|
German
pin United Kingdom English

The Americas

Canada English
|
French
Latin America English
|
Spanish
pin United States English

Australia

面接を成功へ導くために

事前準備が適切であるほど、成功を手にする確率は高まります

We’d like to hear from you.Note: all fields required unless marked optional.close

Thank you for your interest in Emerge.

Please enter and submit your information below. We look forward to learning more about your business needs.

面接前には

応募先企業のウェブサイトをチェックし、会社の歴史や事業内容、オフィスの所在地、関連企業/ニュースを把握しましょう

応募先の企業様の競合相手、業界のトレンドをリサーチしましょう

可能であれば、アニュアルレポート等のパンフレット資料を入手しましょう

リハーサル、リハーサル、リハーサルを繰り返しましょう。面接では、その場で答えを考えなくてはならない事項を、どれだけ事前に減らしておけるかがカギとなります。そのためには、一にも二にも練習です。

質問を用意する

面接は、双方向的なプロセスですので、相手の企業様やご自身の要望との「フィット感」を、お客様がより深く知る機会にもなります。また、お客様の方から企業様へ質問をすれば、『その仕事に強い興味を持っている』という、好印象を残すことも出来ます。

しっかり準備してきたことをアピールする

面接では、企業様のホームページのプリントアウトや、用意した質問表などの資料を取り出して、面接の中でそれらについて触れましょう。こうすると、あなたが入念な準備をして面接に臨んでいること、つまり、その仕事の獲得に真剣であることが、面接官の頭の中で視覚的にもはっきりします。

予想される質問への答えを用意する

自己アピールの文言を考えましょう

これまでのキャリアについて、その道を選んだ理由を考えましょう

長所を言えるようにしておきましょう

前職では、その長所をどう生かしたかを考えましょう。具体例が必要です

ご自身の弱点を言えるようにしておきましょう。これは、弱点を自覚していて、カバーの仕方を知っているとアピールするためです。例えば、プレッシャーに弱いのが弱点であれば、きちんと順序立てて仕事を進めることで対処しているとアピールしましょう。

応募している仕事について、不安な点を書き出しておきましょう。

面接の締め方

面接官から「うちで働いてみたいと思いますか」と聞かれたら、心が決まっていなくても「はい」と答えましょう(じっくり考えた結果、断ることにした場合は、弊社から企業様へ折り返し理由を説明いたしますので、ご安心ください)。次に、「この後は、どうすれば宜しいでしょうか」と聞きましょう。面接の時間を取って貰ったことに感謝しましょう。今は、自分自身をアピールする最後のチャンスです。面接では、第一印象が肝心ですが、面接の最後に残す印象も、それに劣らず大切です。

コンサルタントとのフォローアップ

企業様は、通常、お客様から面接の感想を貰えることを喜びますし、お客様へフィードバックを返すことにも熱心です。つまりここでは、情報を自由に交換できる可能性があります。そのために最善なのが、間に弊社のコンサルタントを挟むことです。